生物遺伝資源教育プログラムの国際展開 International Distribution of Educational Curriculum for Genetic Resources

ホーム > カリキュラム

カリキュラム

内容

バイオインフォマティクス

生物学や生命科学研究分野における研究は、近年の分子生物学的技術や情報技術の著しい進展に伴って急速に進みました。特にゲノム研究や遺伝子の機能研究は微生物からヒトまで様々な生物種で行われ、膨大な量のDNA情報やタンパク質情報が公的データベースに登録されています。これらの情報を活用し研究の推進に役立てなくてはならない時代となってきており、そのためには、ある程度の技術的な基礎知識が必要です。本講義では、ゲノム解析技術、データベース、配列検索手法等の基礎的な知識を習得し、コンピュータによる実習を通してこれらに関する実践的な技術を身につけることを目標としています。

 

本科目は、遺伝資源専門技術者を養成するための科目であり、生物遺伝資源学、モデル生物遺伝資源学実習及び演習1、モデル生物遺伝資源学実習及び演習2を受講することが望まれます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

Copyright © Frontier Science Research Center, University of Miyazaki. All Rights Reserved.