生物遺伝資源教育プログラムの国際展開 International Distribution of Educational Curriculum for Genetic Resources

ホーム > カリキュラム

カリキュラム

内容

生物遺伝資源学

この講義では、生物遺伝資源の重要性を理解し、その課題と問題点について議論することを目的としています。書籍"The ex situ Conservation of Plant Genetic Resources"を中心として、補助的に通関士資格試験の内容を含めながら講義を進めます。

 

本科目は、遺伝資源専門技術者を養成するための科目であり、植物バイオテクノロジー特論、バイオインフォマティクス、遺伝資源と社会ー法規ー、モデル生物遺伝資源学実習及び演習1、モデル生物遺伝資源学実習及び演習2を受講することが望まれます。

一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る

Copyright © Frontier Science Research Center, University of Miyazaki. All Rights Reserved.